二人目不妊を克服したみんなの体験談や方法をご紹介します

不妊がストレスになっていませんか?

二人目不妊治療の私の体験談

カップルとハート

一人目を治療してやっと授かり、一人だけでも欲しいという願望からもう一人、兄弟を作ってあげたいという願望に変化していきました。不妊にも色々な原因がある人と原因不明の不妊と様々ですが、私は原因不明の不妊だった為、自然でももしかしたら妊娠出来る可能性があると思い過ごしていましたが、中々思うように授かる事が出来ずに二人目不妊の治療する事に決めました。
二人目不妊治療をするにあたって不安な事がありました。一つ目は仕事です。治療をすると突発的に病院に行かなければ行けないからです。生理がいつ始まるかも分からないので、予測で職場に時間の短縮などを頼んだりしても、実際は卵胞の育ち方なども影響するので、ほとんどズレてしまいました。その結果、ストレスという物を抱えました。二つ目は上の子の保育です。
保育園に出していても、保育時間が決まっているので、間に合うように、仕事と治療もしなければいけませんでした。採卵する時には、朝一だったので、保育よりも早く病院に行かなければいけない時もありました。三つ目は病院選びです。一人目の病院は家から2時間も遠い場所だったので、今回は近場の病院にしなければいけなく、最初から検査したり、一人目の子供の治療データを作成して、病院に渡しました。このように一人目と違い環境の変化もあり二人目不妊治療は更に大変でした。

二人目不妊ならではの悩み

二人目不妊の方がよく陥ってしまう悩みとして、「同じ不妊という立場なのに、冷たい目で見られてしまう」ということです。なかなか子供が授かることができないことに対して不安に思うということは、不妊の方みんなが味わうことなのですが、「1人でもいいから子供がほしい」と思っている一人目不妊の方から見ると、「1人でも授かれているんだからいいじゃない」と思われてしまうことがあります。
そのため、なかなか大きな声で「二人目不妊で悩んでいる」と言いにくい場面があります。また、不妊治療専門の病院に通う時には、周りからの目線も気になってしまいます。不妊治療中は妊婦さんや赤ちゃんを見るとあまりいい気分はしないという方が多い中、子供を通院の度に預けることもできないと悩む方が多いです。中には「子連れでの来院は禁止」としている病院もあり、治療費の他にも預け先の確保や経済的な負担がかかってしまいます。
さらに、周りからの「二人目は?」という質問が多くなるケースがあります。一人目がなかなか授かれない夫婦に対しては「何か事情があるのかな」と察知されることもありますが、すでに一人目を授かっているのなら、二人目もそろそろなのではと思われてしまうようです。このように、二人目不妊の方は、一人目不妊とはまた違ったことに悩むことがあります。

二人目不妊を克服するためにしたこと

すぐに妊娠できると思っていても、なかなか子宝を授かれない場合もあります。また、一人目はすぐに妊娠できたのに、二人目がなかなかできないということもあります。私自身も実際に二人目をと思いながら妊活を始めましたが、なかなか授かれない二人目不妊を経験しました。妊活にとって、1番大切なことは自分の身体を知ることだと思います。妊活を始めたら、まずは基礎体温をつけていくようにすべきです。
女性の身体は、とてもデリケートに出来ています。ストレスや睡眠不足、疲れからホルモンバランスが崩れやすいのです。ホルモンバランスが崩れてしまえば、排卵日にも影響してしまいます。しっかりと生理周期や排卵日を把握することが、妊活には重要なことです。基礎体温をしっかりと把握して、排卵日付近にタイミングを取れるようにしたいものです。また、二人目不妊になり妊活中は妊娠出来るか不安になることもあると思います。
そんな時は、勇気をだして不妊外来を受診してみるのもよいと思います。不妊外来では、専門的に自分の身体を見てもらえます。きちんと排卵できているか、またタイミングの取り方など間違いのないアドバイスももらえます。私自身も不妊外来を受診して、二人目不妊を克服しました。私の体験から、妊娠に大切なことはこの2つでした。他にも二人目不妊を解消するにために大切な事はいっぱいあると思います。私の経験が参考になればと思います。

二人目の不妊になってしまう原因は

沢山の子供に囲まれて、毎日にぎやかに過ごしたいと言う、子供好きの親御さんたちも多いでしょう。張り切って妊活して、一人目はあっけなく授かったのに、これに続いて二人目をと思ったら何故か妊娠の兆しがまるでない。そう言う方が実は増えているようです。一人目が授かったのだから、特に両親ともに問題は無いはずなのに、と思っても二人目不妊になってしまったと言うのは実は少なくないのです。原因はかなり多くあるのもまた、事実です。
一人目の出産後にホルモンバランスが崩れた等と言う事もありますし、また育児の疲れから体調を崩していると言うことも無いではありません。加えてこれも大きな原因になるのが、加齢による卵管や子宮の変化によるものです。また勿論、年齢によっての女性ホルモンの低下と言う事も、二人目不妊に関係してきます。
ここでまた気持ち的に、どうしても二人目が欲しいとあまりに思い詰めると、それもまたストレスの一つになって、二人目不妊を引き起こす原因にもなります。ストレスは女性ホルモンにも大きく影響しますので、頑張り過ぎは逆効果を生むこともあるのです。二人目は欲しいけれど、こればかりは天からの授かりものと思い詰め過ぎずにいることもまた、二人目不妊を回避する方法になるのでは無いでしょうか。


漢方で改善できる!?二人目不妊ドットコムは不妊の悩みを改善してくれるのです!
しっかりと話を聞いてくれて、あたたかい方ばかりです!ぜひ二人目の不妊治療をお考えの方はこちらの二人目の不妊.comを活用しましょう!

コンテンツ一覧

2017/06/07
不妊の原因についてを更新しました。
2017/06/07
5年の不妊期間を経てを更新しました。
2017/06/07
長い不妊治療を更新しました。
2017/06/07
不妊治療と成功体験談を更新しました。
仲の良いカップル

不妊治療と成功体験談

結婚8年目、そろそろ子どもをと思った私たち夫婦は、年齢的なこともあり、半年タイミングで妊娠できなかったら病院に行こうと話し合っていました。そして排卵検査薬を使った自己流のタイミング法で、半年以上妊娠できなかったので、不妊専門の病院にかかることにしました。まず、病院では不妊検査を受けました。内容は夫の精液検査、私のエコー検査と卵管造影検査でした。エコー検査では、…

キス

長い不妊治療

6年不妊治療をしています。病院を変えて5つ目でやっと自分に合った産婦人科を見つけることが出来ました。病院を変えての検査にお金がかかります。どの病院に行ってもまず「基礎体温計ってきたか」を聞かれ、計っていなかったら基礎体温表を渡されて帰らされる事が多いようです。私は排卵障害の「多嚢胞性卵巣症候群」で…

手をつなぐカップル

5年の不妊期間を経て

私が不妊治療を開始しようと思ったのは結婚から1年半経った頃でした。当時は避妊しなければすぐに授かると考えていたので、まさか自分が不妊治療をするとは思いませんでした。地元の不妊治療専門の病院で診てもらい、経膣超音波検査、ホルモン検査、通水検査、フーナーテストなど一通りの検査を受けました。結果は全て問題なしとのことでタイミング療法をすることになりました。半年病院に…

喧嘩

不妊の原因について

不妊の原因について知りたいという人はいると思います。不妊の原因にはいろいろな要因があると言われています。その中でも不妊の原因だと一般的に言われているものは何でしょうか。1つ目は、排卵障害です。排卵障害というのは自力で排卵することができないという障害を持っているということです。なぜ排卵障害になるのかということははっきりとわかっていませんが、生活習慣の乱れや体の冷…

TOP